指標結果と相場の流れをじっくり見る癖をつけること。

ここでは、「指標結果と相場の流れをじっくり見る癖をつけること。」 に関する記事を紹介しています。
FXで安定して勝ち続ける方法(19)


FOMCの影響が大きかった日は、素直に順張りに徹する。



これは私が何回も経験していることです。


例えばFOMCで大きくドル売りになったとします。

すると、朝方の東京時間に戻してくることが多いんですね。

利益確定の買い戻しと逆張り派の買いです。


でも、結局は欧州勢とNY勢がドルを売っていく


朝の東京時間の買いについていくと

スキャルで利益を確定させていければ問題ありませんが

デイトレで値幅を狙っていく場合は

行ってこいで建値決済・・・


昔はこれで何回も失敗しました。


FOMCに限らず、大きめの指標で相場が動いた場合

同様の動きが多々出てきます。


同じような動きが出る可能性が高ければ狙っていけます。


指標結果と相場の流れをじっくり見る癖をつけてください。

必ず勝ち組に近付けます。



役に立った!面白かったと思ったら、下記のバナーを2つクリックして応援お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ      
クリックするとFXブログランキングが別窓で開きます。

関連記事
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/03/26(火) 12:19 | | #[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://fxmax7.blog.fc2.com/tb.php/937-4a11fd03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック