一瞬でマイナス30万!ドル円の大きな節目は要チェック。

ここでは、「一瞬でマイナス30万!ドル円の大きな節目は要チェック。」 に関する記事を紹介しています。
これは、実際に私が体験した昔話です。


2009年某日、

ポンド円は朝から売り優勢で夕方には2円程度下落していました。

数回利確した後に

戻り売りを狙って30万通貨の売りを入れました。


ストップの重要性を意識し始めたばかりの頃で、

ポジションを作ってすぐに

30ピプス上にストップを入れようとした時、

数秒で1円以上も大きく上昇・・・


ストップを入れるために数値を入力している最中の出来事で

何が何だかわからずに頭が真っ白になりました。


まだまだ上がりそうに見えて泣く泣く損切り。


あとで原因を調べてみれば、

ドル円のオプションの防戦買いで、

00に近づいたドル円が1円近く上昇していたのでした。


結局は、その上昇で私が損切りした値が

絶好の戻り売りポイントになったようで、

翌朝までに、そこから4円程度の下落。


持っていたら3円も抜けた、

今となっては笑い話です。


この出来事があってから、

ポンド円などのクロス円での売買には、

ドル円の大きな節目を意識するようになりました。


今は大きな指標でもなければ

一瞬で1円、100pも動くことはなくなりましたが

30pや50pなら動くことが多々あります。


高値安値、長軸トレンドライン、00、などなど

ドル円が抜けたら大きく動く可能性の高い節目を

またぐ時にはクロス円も要注意です。



役に立った!面白かったと思ったら、下記のバナーを2つクリックして応援お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ     (別窓で開きます)

関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://fxmax7.blog.fc2.com/tb.php/933-73fe8f8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック