FX口座にはいくらの資金を入れておけばいいのか?

ここでは、「FX口座にはいくらの資金を入れておけばいいのか?」 に関する記事を紹介しています。
FX口座にはいくらの資金を入れておけばいいのか?


実際に取引をしているFX口座に、

いくらくらい資金を入れておけばいいのか
迷っている方も多いようです。


私がFXを始めた2009年頃はレバレッジ200倍、
400倍が当たり前の時代でしたが、

今、2013年は個人口座で25倍と決まっています。



ポンド円を例に考えれば、

1万通貨の取引で5万円くらいの保証金でしょうか?


私の場合は法人口座なので、
ポンド円1万通貨で保証金が5000円~7000円程度、
100万通貨でも50万円~70万円程度の保証金です。


個人口座の方で100万通貨を取引されている方は、
かなり少ないと思いますので、

多数の方の取引量10万通貨を取引する場合を
例に考えてみましょう。


レバレッジ25倍で10万通貨を取引する場合の保証金が
約50万円と仮定します。


FX業者によって違いますが、

ロスカット設定が100%だった場合、

100万円を口座に入れてあれば、

5円の含み損まで耐えられることになります。


スキャルだったりデイトレだったり、スイングだったり、
人によって狙う値幅とストップの値幅は違います。


スキャルメインの方が5円の含み損なんて考えられないわけで、

これを考えれば100万円も資金は必要ないわけです。

60万円を口座に入れてあれば、1円(100p)の
マイナスまで余裕があることになります。


逆に、スイングで5円、10円の利益を狙う人の場合は、
含み損が5円程度でも普通かもしれません。


(私個人的には考えられない世界なのですが・・・)


これを考えれば100万円の資金でも少ないかもしれませんね。


要は、自分の取引量、通常時のストップの値幅を考えて、

少し余裕を持たせた位の資金を

FX業者の口座に入れておくのがベストではないでしょうか?


もし、連敗して総資金が減ってきたら
追加入金することで口座残高を一定にできます。



ただ、私個人的には、

あまり多くの資金を口座に入れておくのはおススメしていません。


なぜかと言えば、「何があるかわからないから」です。


2009年、こんな経験がありました。


夕方だったと思いますが、売りでポジションを持って、
30p上にしっかりストップも入れていました。


ファンダ的に急激な円売りが起こり、

一気に1円以上もポンド円が上昇。


私のポジションもストップでやられたと思っていたら、

管理画面上には真っ赤になったポジションが存在しています。


あまりに急な上昇でストップを飛び越えて値が上がったために
ストップがつかなかったのです。

初めての経験で、これには驚きました。


結局、このポジションは、

急上昇の反動で値が下がってきた時に30pのストップがついたのですが、


もし、あのまま値が上がっていったら・・・。


もし、停電などで、管理画面が開けずに、
どんどん上がっていったら・・・

間違いなくロスカットです。怖いですね。


※この時はFX業者に電話しました。なかなかつながらず、
 やっと話ができたのですが、「規約にも書いてある通り、
 ストップ、ロスカットがつかずにマイナスが進む場合もある」と
 返答されたように記憶しています。


まあ、多分、今はこんなことはあり得ないとは思うのですが、
世界の情勢を見ても何があるか分からないご時世です。


「備えあれば憂いなし」だと考えています。


口座資金に余裕は必要ですが、

余分な資金は入れておかないようにするのも資金管理ではないでしょうか?



役に立った!面白かったと思ったら、
下記のバナーを2つクリックして応援お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ     (別窓で開きます)


関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://fxmax7.blog.fc2.com/tb.php/846-fa619dec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック